【ヒブとは?】

 ヒブ(インフルエンザ菌b型)はせきやくしゃみなどを介して感染し、体内に侵入しますが、一部のヒトについて、鼻咽腔で増殖したヒブが血液の中に入り込み、髄膜炎、敗血症、肺炎、関節炎、骨髄炎などの侵襲性感染症を起こす場合があります。その原因はまだ十分にわかっていません。
 特にヒブ髄膜炎は化学療法を行ったとしても予後不良になる場合が多く、致死率は5パーセント、後遺症が残る場合も25パーセントにのぼります。
このため、国際的にヒブワクチンの予防接種が推奨されています。

【対象者】生後2か月から5歳未満のお子さん

【接種回数及び間隔】初回接種の開始時期により接種回数は変わります。

【接種開始:2か月~6か月】⇒4回(初回接種3回+追加接種1回)
初回接種は、1歳の前日までに27日以上の間隔を空けて3回接種します。
追加接種は、3回目から7か月~13か月の間隔を空けて接種を行います。
なお、2回目、3回目の接種を行わずに1歳を超えた場合は、2回目、3回目の接種は行わず、最終接種から27日以上の間隔を空けて追加接種を行います。

【接種開始:7か月~11か月】⇒3回(初回接種2回+追加接種1回)
初回接種は、1歳の前日までに27日以上の間隔を空けて2回接種します。
追加接種は、2回目から7か月~13か月の間隔を空けて接種を行います。
なお、2回目の接種を行わずに1歳を超えた場合は、2回目の接種は行わず、1回目接種から27日以上の間隔を空けて追加接種を行います。

【接種開始:1歳~5歳未満】⇒1回

【通知】生後2か月になる前月の下旬に郵送します。