【ロタウイルス胃腸炎とは?】
 ロタウイルスよって引き起こされる急性の胃腸炎で、乳幼児期(0~6歳頃)にかかりやすい病気です。感染力が強く、5歳までにほぼすべての子どもがロタウイルスに感染するといわれています。
 初めて感染したときに症状が強く出ることが多く、脱水症状がひどくなると点滴や入院が必要になることもありますが、ロタウイルスワクチンの接種を受けることで重症化予防にも効果があるとされています。

【対象者と接種回数】
2種類のワクチンがあり、それぞれ対象の時期と回数が異なります。
ロタリックス(2回接種)…生後6週から生後24週まで
ロタテック(3回接種)…生後6週から生後32週まで

【接種間隔】
ロタリックス…27日以上の間隔をあけて2回接種
ロタテック…それぞれ27日以上の間隔をあけて3回接種

【通知】
生後2か月になる前月の下旬に郵送します。